映画やアニメ、海外ドラマに韓国ドラマなど無料動画の視聴情報を紹介

無料動画案内所

海を駆ける 無料動画

投稿日:

海を駆ける

「海を駆ける」も無料で見れる!

FODプレミアムは1ヶ月間無料お試し可能!

海を駆ける 無料動画

「海を駆ける」は深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシアでオールロケをしたファンタジー映画です。

この記事では「海を駆ける」の動画フルを安全に無料視聴できる方法を紹介します。

Dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)などの違法アップロード動画と違って高画質で快適に視聴可能です。

スマホ(スマートフォン)、タブレットでもスムーズに「海を駆ける」のフル動画を高画質フルで見れます。

海を駆ける 動画フル配信中のサービス

映画「海を駆ける」はビデオオンデマンド(VOD)でフル配信中なので、無料配信中のところをご紹介します。

配信状況は2018年12月時点のものです。VOD(ビデオオンデマンド)は配信作品の変動がありますので正確な配信状況は各サービスにて確認してください。

U-next

  • 無料トライアルに申込むと540ポイントもらえるので、映画を1本見れます。
  • お試し期間は31日で、期間中は無料で利用可能です
  • 申込で新作映画1本分のポイントプレゼント3
  • 無料トライアルに申込むと540ポイントもらえるので、映画を1本見れます。4
  • 無料お試し利用で540ポイント(新作映画1本分)プレゼント5

TSUTAYA TV

  • 新作映画2本分の1080ポイントが申し込むだけでもらえる
  • 30日間は無料お試し期間で料金0円
  • 約10000本の作品に加えて見放題動画もあり
  • アダルト動画の見放題作品に含まれるのでお得です
  • 上位版のTSUTAYA DISCASというサービスもあり

music.jp

  • 新作映画が5本見れる「2541ポイント」が無料申込みだけでもらえます
  • 初回30日間は月額料金なしでお試し利用可能です
  • 18万本の作品を配信していて、映画以外のジャンルも豊富
  • 申込ページに1990円と出ますが、最初に申し込む時は0円です
  • 映画だけじゃなく、音楽や漫画に、電子コミックなど動画以外も充実

FODプレミアム

  • フジテレビの日とボーナスポイントで映画2本分の1300ポイントプレゼント
  • Amazonアカウントを使うと初回1ヶ月間はお試し利用で料金0円です
  • ドラマが豊富で過去作品や放送中ドラマまで見放題が多いです
  • 正式利用時も888円で1300ポイント付与で実質無料
  • 1ヶ月間が終わる前に解約すれば完全無料で利用できるのでおすすめです

DailymotionやPandora

映画「海を駆ける」をDailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)、miomioなどで調べてみました。

これらは海外の動画サイトで、稀に動画のフルバージョンがアップロードされています。

今回は見つかりませんでした。仮にアップロードされていてもすぐに削除されるケースが多いので、好きな時に自由に見ることもできないのが現状です。

運良くフル動画がみつかっても、違法アップロード作品なので画質も悪く、広告(エッチなやつ)も頻繁に出るのでおすすめはできません。

また、違法動画の再生自体は罪に問われませんが、プログレッシブダウンロードという方式を採用していた場合はダウンロードも同時に行うので罪に問われる可能性すらあるのです。

…それでもまだ海外の動画サイトでリスクを犯しますか?止めはしませんが利用する場合は自己責任ですよ。

海を駆ける 作品情報

  • 監督:深田晃司
  • 脚本:深田晃司
  • 原作:-

海を駆ける キャストやあらすじ

▼キャスト
ディーン・フジオカ/太賀/阿部純子/アディパティ・ドルケン/セカール・サリ/鶴田真由

▼あらすじ
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ、親戚のサチコは、記憶喪失ではないかと診断されたラウをしばらく預かり、身元捜しを手伝うこととなる。ラウはいつもただ静かにほほ笑んでいるだけだったが、そんなラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こりはじめていた。

海を駆ける 感想

「海を駆ける」は深田晃司さんが監督、脚本を手がけ、ディーン・フジオカさんが主演を務める映画です。

日本とフランス、インドネシアの共同制作でインドネシアが舞台となっています。

インドネシア、スマトラ島の海岸に正体不明の謎の男が倒れているのが発見されます。

災害復興の仕事をして暮らしている日本人の貴子と息子のタカシは謎の男に、インドネシア語で海という意味の「ラウ」と名付け引き取ります。

ラウは不思議な力を持っていて事件を起こします。

ラウの事件に巻き込まれていくタカシ、タカシの親戚で日本から来ていたサチコ、タカシの同級生のクリス、クリスの幼馴染のイルマの四人の関係性を軸に物語は展開していきます。

「海を駆ける」は初めはラウは何者なのかという謎で観客を引きつけますが、映画通して見ると謎解きがテーマではないことがわかります。

実際、最後まで見てもラウは何者だったのかという明確な答えは明かされません。

映画の時間の多くを占めているのはタカシ、サチコ、クリス、イルマの会話です。

タカシとサチコは親戚同士で日本人同士ですがそこまで親しい間柄ではなく、インドネシアに暮らすタカシとインドネシアに訪れているサチコでは意識の違いが感じ取れます。

クリスはサチコのことが気になってアプローチします。

クリスはサチコに好きということを伝える為に、日本人の貴子やタカシにアドバイスをもらい「月が綺麗ですね」と話しかけますがサチコは意味がわからず困惑するシーンが印象的です。

クリスとイルマは幼馴染で初めとても親しい間柄に見えますが本人たちの意識にずれがあるようです。

物語は最後、ラウが海の上を駆け、いなくなるところで終わります。

ラウの謎は解けず、四人の関係も曖昧なまま終わってしまいますが、海を駆けるシーンは不思議と爽快感のあるラストだと感じました。

インドネシア、スマトラ島といえば過去に大震災や戦争の惨禍があった土地ですが、物語の中心ではなく背景として取り入れられています。

近年日本で頻発する災害を踏まえての、深田監督の思いが表れた映画として見ることができます。

-未分類

Copyright© 無料動画案内所 , 2019 AllRights Reserved.